無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2011年No.3 ベル・イル(Belle-Ile) | トップページ | 2011年No.5:写真で綴る欧州旅行No.10:世界遺産No.68:ガイランゲルフィヨルド »

2011年2月12日 (土)

2011年 No.4 :世界遺産No.67 Kew Garden

2011 No.4 :世界遺産No.67 Kew Garden

✍ まずは歴史から

Wikipediaによれば

◇キュー・ガーデンズの歴史はテュークスベリーのケープル卿が熱帯植物を集めた庭を作ったことに始まる。その後この庭はジョージ2の長男フレデリック皇太子の未亡人であるオーガスタ妃によって拡張され、ウィリアム・チェンバーズの設計による建築物が何棟か建てられた。そのうちの1つである1761建造の中国のパゴダは今日も残されている。◇ジョージ3ウィリアム・エイトンやサー・ジョゼフ・バンクスに命じてさらに庭園の植物を豊かなものにさせた。旧キュー・パークは1802年に廃止され、1781年にジョージ3世は隣接するダッチ・ハウスを買い上げて皇室の子供達を育てる施設とした。この建物は現在キュー宮殿として残されている。1840年に庭園は国立の植物園と改組された。ウィリアム・ジャクソン・フッカーの指揮のもとで植物園は30ヘクタールにまで拡張され、さらに後の改修で現在の120ヘクタールの敷地が完成した。

✍ 盲点

近いところっていつでも行けると思うので、後回しになりますよね。キュー・ガーデンはロンドンの西、自宅からも左程遠くなかったので、ロンドン転勤から初訪問まで3年を要しました。でも、もしこの植物園が「世界遺産」だと知っていたら訪問の優先順位は格段に高まっていたでしょう。実は、キューガーデンが世界遺産だと知ったのは、なんと今年に入ってからです。だって「世界遺産」って感じしなかったし。で、なんで世界遺産になったかというと、こういう事らしいです。

◇この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた。(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。 (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。」

✍ 広い

敷地面積は広いです。Kew_garden2_2 でも庭には以外と植物は少なくて、これは意外でしたね。反面、このガラスの建物の内側には、巨大なシュロとかの熱帯植物が、蘭の花などが所狭しに飾られていました。こんな感じで・・・。Kew_garden_2 丁度行った時は藤の季節で、藤棚に藤の花房が美しく咲いておりました。Kew_garden3

植物園の世界遺産がどれだけあるのか知りませんが、僕が訪ねた70箇所程度の経験では初めての事でした。変り種遺産です。

« 2011年No.3 ベル・イル(Belle-Ile) | トップページ | 2011年No.5:写真で綴る欧州旅行No.10:世界遺産No.68:ガイランゲルフィヨルド »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

キューガーデンの世界遺産登録は2003年と結構最近なんですよね。理由(基準)は全くしりませんでした。いつもながらありがとうございます。季節&天気がいいと本当に気持ちいい場所ですよね。夏は野外コンサートなんかもやるし、、ちょっと入場料が高いのとヒースローが近いので飛行機が上空を頻繁に通過するのが玉に瑕ですが、、、

Chingorin-san

そうなんですね。

ジンクス、その1
僕が小学校を卒業したらプールが整備された。
ジンクス その2
僕が高校を卒業したら、Renewalされた
ジンクス その3
僕が大学の教養課程を卒業したら、学食が滅茶苦茶綺麗に立て直された。
ジンクス その4
僕が大学を卒業したら、ホテルのように立派な事務塔が新設された(あまり関係ないけど)

等など・・・・・

僕が通り過ぎると何かが起こるのです。
2003年は僕がロンドンからパリに移った年です。

僕が横浜から地方に引っ越したら、横浜が首都になったりして・・・・。

今後も、書き込み宜しく御願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/38840508

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年 No.4 :世界遺産No.67 Kew Garden:

« 2011年No.3 ベル・イル(Belle-Ile) | トップページ | 2011年No.5:写真で綴る欧州旅行No.10:世界遺産No.68:ガイランゲルフィヨルド »