無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2011No.12 世界遺産No69:ヴュルツブルグのレジデンツ | トップページ | 2011年No.14:写真で綴る欧州旅行No.13:Cassis »

2011年6月19日 (日)

2011No.13 インスブルック

2011No.13 インスブルック

✍いよいよ:ご紹介できる写真もないかなぁ~。後は自分自身の記録の為に地味な観光地を列挙しようかなぁと思って写真を見直していたら、あぁぁぁこれが残っていましたね。それが、そう「インスブルック」。チロルの州都だそうです。梅雨があければ節電が脅威の猛暑がきますので、涼しいチロルを味わってください。

Where?

まず「国」。それはオーストリアです。欧州生活をするまでは「チロル」という地名は、「チローリアーン♪」というスティック型チーズしかしりませんでした。まして自分がそこに行くなどとは・・・。それともう一つ。青池保子の「エロイカより愛をこめて」という泥棒貴族の漫画で、泥棒が逃亡するときこの町で暴れまわるのですが、その舞台を自分が観光するなんて、ちょっと前まで夢にも思いませんでしたね。

Wikiる;

Wikiる(ググると同じくこんな造語、もうあるのでしょうか)とこうでした。『イン川沿いに位置する。インスブルックという地名自体が、「イン(川)の橋」という意味になる。ドイツに至るためのアールベルク峠、イタリアに至るためのブレンナー峠に近いため、交易上の中継都市として重要な役割を果たした。1239に都市特権を得た。14世紀よりハプスブルク家の支配下に入る。マクシミリアン1の治世時には都が置かれ、各地から商人が往来する繁栄をした。Photo

✍街並み;

こんな感じです。パリという街は、建物が全て単色。同じ色です。そんな街に長く住んでいるとこの街並みは在り得ないです。3軒ならんだビルが全部違う色合い・・・これが、オーストリアなんですねぇ。3

✍屋根;

色々見所はあるのでしょうが、一個選ぶなら、多分これ。市街に黄金の小屋根と呼ばれるバルコニーがあり、マクシミリアン1世がチロル公国を継承後、6年目の1496にこの建物を完成させ、バルコニーから祭りを見物した。Photo_2 この屋根には2,657枚の金の瓦が使用され、当時のチロルの富と繁栄の象徴となった。・・・2,657枚の金の瓦!これは凄い!と思って凄い期待していったのですが、その小ささにちょっとガッカリ・・でも確かに全部金でした。

✍で、教会

ここの凄い教会は「ヤコブ大聖堂」。

こんな感じで、フランスの教会とは異文化でしたね。天井画も大分違います。4 6

5

✍街並みII

これは欧州共通:広場に広がるオープンカフェ・・。パラソルの花が咲いています。8

最後に僕の大好きなショットと共にお別れします。

7

« 2011No.12 世界遺産No69:ヴュルツブルグのレジデンツ | トップページ | 2011年No.14:写真で綴る欧州旅行No.13:Cassis »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

綺麗な街並み!こういう方が好きだなぁ。
教会の内部が素晴らしいですね。

おぉぉぉぉYummyさん

ようこそ。Yummyさんのブログの真似をして、怒涛のように写真を載せてみました。

そうなんですよね。まるでパレットの油絵の具みたいに様々な原色で飾られた街並みは本当に綺麗ですよね。

凄いのは普通の家々の壁々に大きな壁画が描かれていて、それが街並みを構成している点です。

一口に欧州といっても、同じ通貨使っていても、広いっす・・欧州

Lai-Laiさん「もうない」っていってから、ガンガン出ますね~写真。。。底なしアルバム、今後も期待してます。で、次のご出張は???

Chingorin-san

「番組はまだまだ続きます」って放送された時は略番組は終っているときだ・・・と聞いた事がありますが、「もう終る」といいながら、本当にもう終ってしまいそうです。

出張のネタも出尽くしてしまい、こちらも夏枯れ状態です。
欧州出張ネタください。
「パリ支店移転でSOS」とか、何かないっすか?

またロンドンでも歌いたい!です。

海外に出ないと、体に緑青が吹き出てくる感じします。分かります、この感じ??

いいなぁ、ロンドン在住lovely


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/40464150

この記事へのトラックバック一覧です: 2011No.13 インスブルック:

« 2011No.12 世界遺産No69:ヴュルツブルグのレジデンツ | トップページ | 2011年No.14:写真で綴る欧州旅行No.13:Cassis »