無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月19日 (月)

2011年No.19 Spain Madrid

2011No.19 Spain Madrid

✍まだ

ありました。Majorな観光地。SpainMadrid。 ご紹介するまでもない街ですので、ちっと思い出を披露。

✍意外と・・

危険だったんですね。この頃のスペイン、今はどうだか分かりませんが、旅行に行かれる方は「治安」は確認してください。

✍それはMadrid

・ツアーに参加しました。

ツアーバスガイドさん曰く、「いまからスペイン広場観光に出るのですが、貴重品は全てバスの中に置いていってください。ガイドブックとかは今から配る(中身が分かるような)透明のビニール袋に入れてください。あ、カメラは肩から下げていても大丈夫ですよ。」と。

つまりカメラのような高級品は興味なく、財布だけに興味がある訳??と思いながらガイドブックと水だけ入った透明の袋ぶら下げてちょっと緊張して観光したのでした。

Palacio Real

Wikipediaでは:マドリード王宮Palacio Real de Madrid)は、スペインマドリードにある宮殿。オリエンテ宮(Palacio de Oriente)とも呼ばれる、スペイン王の王宮である。実際にはフアン・カルロス1と王族は住んでおらず、彼らは郊外にあるマドリードより小さなサルスエラ宮殿に好んで暮らす。しかし、マドリード王宮は未だ国の行事に使用されている。という事で王様不在なのでちょっと興ざめとはいえ外観は壮観でした。

Madrid

寧ろ、その向かいの広場のほうが何となく印象的でした。その広場はWikipediaによれば、オリエンテ広場では:Plaza de Oriente)は、スペインマドリード中心部にある広場。スペイン王ホセ1世(フランス語名ジョゼフ・ボナパルト)が中世以来の住宅が立ち並んでいた場所を一掃させ、ナルシソ・パスクアル・イ・コロメルによって広場が完成した。マドリード王宮の東側にあることから、オリエンテ(東)広場と名づけられた。

Madrid_2

この広場で最も有名なのはフェリペ4世像で、これについては以下の記述がありました。「父フェリペ3の騎馬像(マヨール広場にある)より優れた自分の像が欲しいというフェリペ4世が望み、命令を受けたオリバーレス伯公爵ガスパール・デ・グスマンが具体的に騎馬像製作の指示を出した。1843年、イサベル2世の命令でオリエンテ広場に設置された。」

✍スペイン広場

マドリッドといえばここが観光案内では紹介されていますよね。重々しい塔の手前にあるのはドンキホーテ像ですね。Madrid_3

何かこの塔と後ろのビルディングが一体化した光景がなんか素敵です。

Madrid_4

✍おまけ

ツアーで行った「Madrid3本指に入るというお店」(Arrez-Mandaなんとか:何故何とかかというと写真では全体が見えず、記録もなく)で食べたパエリア料理は流石に美味かったです。

Madrid_5

こんなイケメンの兄さんがサーブしてくれました。

Madrid_6

2011年9月 9日 (金)

2011年No.18 アンティーブ(Antibes)

2011No.18 アンティーブ(Antibes

✍コート・ダ・ジュール

サントロペ、カンヌとお伝えしましたので、最後は「アンティーブ」をご紹介しましょう。

暑い夏の中にも、少しずつ秋の気配を感じます。コオロギの鳴き声、夕刻の涼しい風・・・でも、まだ暑いですね。夏の風景のご紹介も、このアンティーブが最後です。

✍ご紹介から・・・

まずWikiで歴史を見ましょうか。

「地形的に保護されている港のため、街は長期にわたり重要な貿易拠点であった。フランスが最終的に支配権を得るまで、様々な人によって統治されていた。紀元前43年、アンティーブは公式にローマ帝国に併合され、支配が500年続いた。ローマ人はアンティーブをこの地域で一番大きい街に変え、ガリアへの主要な入り口とした。水道橋や要塞壁、アンフォラは今日でも見ることができる。476年に西ローマ帝国が滅亡すると、様々な異民族がアンティーブにやって来た。その主な結果として、街の破壊と長期に渡る不安定な社会をもたらした。10世紀に領主ロドアールによって広範囲な要塞壁と城が築かれた。その後の200年、街は復興期を経験した。」・・・地中海の反対側はアラブ、よってアラブとの統治合戦が太古の昔から続けられています。

✍さて

アンティーブは港町。Antibes1

Antibe2 (水は綺麗です)

Antibes5

このヨットハーバーは地中海共通ですが、ここの最大の見所はピカソ美術館です。港を背に御覧のような銅像が見えます。

Antibe3

これが港の光景の一部を構成しています。ピカソ美術館はパリにもありますが、この情熱の画家の絵は地中海が似合いますね。Antibe4 ニースのシャガール、アンティーブのピカソ、観光地にも超一流の美術館があるのが「流石フランス」です。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »