無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2011年No.21 Monaco | トップページ | 2011年No.23:写真で綴る欧州No.16:珠玉のレストラン(新着編1)La Tour D’Argent »

2011年10月19日 (水)

2011年No.22 Dijon(Bourgogne)

2011No.22 DijonBourgogne)

✍在庫一掃:

大処分の様相を呈してきましたね。Bourgogneは振り返ってみると色々ご紹介してきました。ヴェズレー(世界遺産)、オーセール、フォントネー(修道院が世界遺産)、シャブリー、エトセトラ-エトセトラ・・・。でもまだあります。今回ご紹介する旅では、食の町DijonBeauneをご紹介します。94年のクリスマスにパリから1000㎞走破してLyon(世界遺産)に行く途中にDijonBeauneに立ち寄りました。その模様をチョビっとご紹介します。

Dijonで思い浮かぶもの?

食の好きな人なら10人中8人は「マスタード」というのでしょうね。あのフレンチでは外せないマスタードですが、意外と辛くないのです。結構瓶からベタッとスプーンですくってお肉につけて食べても、味を鮮烈にする事はあっても辛くて肉の味を見失う事はありません。これフレンチの常識・・・・。

✍その常識が゙・・・:

悲劇を呼ぶことも・・・。ある時、パリで仕事をしていて残業食代わりに日本食屋から弁当を取ったのです。確かトンカツが入っていたかと。日本企業で働くフランス人は日本食への好奇心津々。そのトンカツに彼がマスタードと信じたものをべっとり付けてパクッ。そうその黄色い物体は勿論「和辛子」。マスタードのつもりでべっとりと和辛子をつけて食べた人の次の瞬間を想像してください。それはそれは眼を覆う苦しみようでしたがな。

✍食だけでは:

食だけではないんですよ、この町。フランスの主だった街には大抵小さくても素敵な美術館があります。ここにあるのは、Musee des Beaux-Artsです。ここにはルーベンス、ドラクロアといった巨匠の作品が沢山あります。ルーベンスの絵をご紹介しましょう。「キリストのイスラエル入城」は有名です。もう一つの写真はタイトル不明です。これ。Dijon

Dijonrubens

✍そして教会

美術館と共に必ずあるのが教会。まぁ日本の田舎に行ってもお寺はあるものね。ここはノートルダム教会。御覧の様に妙に薄っぺらい教会だったのは覚えています。教会の中は御覧のような感じです。内装はあまり代わり映えしないですかねぇ。

Dijon_notredame

Diionnotredameinterne

勿論、マスタードは買って帰りました。あっという間になくなっちゃったけど・・・。

« 2011年No.21 Monaco | トップページ | 2011年No.23:写真で綴る欧州No.16:珠玉のレストラン(新着編1)La Tour D’Argent »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いつもお世話になっております。ビストロリヨンの辻です。

久々のコメントです。

ロワールのお城拝見しました!いやーおとぎ話にでてきそうな素敵なシャトーですね!!

このシャトーで1部屋15000円とは…本当に驚きです。

またコメント書かせていただきます。

ビストロリヨン 辻

辻さん

お世話様です。Lai-Laiです。Lai-Laiは、パリで通っていた來來軒という中華からもらった名前です。

そうなんです。ロアールのお城・・・都会から少し離れると驚くほど安いですよ。

ましてや、今€が馬鹿安ですので、一体どれだけ安くなるのやら・・・。

是非、フランス旅行行ってください。happy01
田舎のシャトウホテルは、「庶民が味わえる奇跡」です。

またお店に皆で押しかけますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/42594633

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年No.22 Dijon(Bourgogne):

« 2011年No.21 Monaco | トップページ | 2011年No.23:写真で綴る欧州No.16:珠玉のレストラン(新着編1)La Tour D’Argent »