無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2011年No.26:写真で綴る欧州旅行No.16(珠玉のレストラン(新着編2):幻の3☆ルカカルトン) | トップページ | 2012年No1. 謹賀新年 »

2011年12月18日 (日)

2011年No.27: ボーヌ

2011No.27: ボーヌ         

✍ちょっとの中断後

NY出張で割り込み記事がありましたが、「どこでもドア」で再びブルゴーニュに戻ります。ここはブルゴーニュのワイン街道を南下するとたどり着く街です。ここは兎も角もこの街で有名なのは、ホスピス(施療院)です。Wikipediaによれば以下が解説です。

  • ボーヌのオスピス(ホスピス, 施療院)- 1443年にブルゴーニュ公国の宰相ニコラ・ロランが創設したもので、貧しい人たちに無料で医療を施した。入院の条件は、貧者であることただひとつだった。王侯貴族から寄進されたブドウ園とそこから生産されるワインで、費用は埋め合わされていた。現在では、その当時の薬品、医療器具を展示した医学博物館になっており、またワインオークションの会場としてよく知られている。現存するオテル・デューの中でも最も有名な施設のひとつ。当時はオテル・デュー(神の宿、Hôtel-Dieu)と呼ばれていた。

との事。

このホスピスはご覧の様に屋根瓦が、黄色や赤、茶色とカラフルで、しかもブルゴーニュ風の文様を描くようにデザインされていてとても美しく、遠くからでもそれと分る建物です。Photo_2

成程、ワインとホスピスは繋がりがあったのですね。中に入ってゆくと、御覧のように当時の施療の状況が再現されています。ちょっと写り悪いけど・・・。

Photo_3

ところで、この街でもAOC1級のワインが造られていますよ。Wikiによれば、ここのワイン祭りは「栄光の三日間(Les Trois Glorieuses)」と言われ- 11月の第3日曜日をはさむ土曜日~月曜日の3日間にわたって開催され、特に日曜日にオスピスで行われるワインオークションは国際的にも関心を集め、その年のワインの相場を占うものだとする見方もある。

街は何処に言ってもワインオークションが行われるだけあって、そこらじゅうにワインショップがあり、否が応でも自分がブルゴーニュに居る事を感じさせられます。

この時は、一路リヨンに、そしてポールボキューズのお店に向っていたので、一寸立ち寄っただけでしたが、ここでもうゆっくり過ごして見たかったです。

« 2011年No.26:写真で綴る欧州旅行No.16(珠玉のレストラン(新着編2):幻の3☆ルカカルトン) | トップページ | 2012年No1. 謹賀新年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ライライさんあけましておめでとうございます!

昨年は大変お世話になりました。
先日のお食事会もとても感動いたしました。
またぜひ異業種交流会開催しましょう。

今年もよろしくお願いします!

PS
栄光の3日間いつかいってみたいですねー・・・

リヨン

リヨンさん 

明けましておめでとうございます。

素敵な料理を堪能させていただき、有難うございました。
今年も異業種交流会をエンジョイしましょう。

色々食べ歩きしましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/43426948

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年No.27: ボーヌ :

« 2011年No.26:写真で綴る欧州旅行No.16(珠玉のレストラン(新着編2):幻の3☆ルカカルトン) | トップページ | 2012年No1. 謹賀新年 »