無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2012年No1. 謹賀新年 | トップページ | 2012年No.3 写真で綴るアジア旅行1-タイ1 »

2012年1月 9日 (月)

2012年No.2:世界遺産No.70:ルクセンブルグ大公国

2012No.2:世界遺産No.70:ルクセンブルグ大公国

✍遂に

当面最後の世界遺産ご紹介となります。丁度区切りよく70番目の世界遺産紹介となります。

国内での世界遺産なら、日光とか、醍醐寺とか、まだ幾つかありますが、一応海外縛りという事ご紹介してきたので、その意味では、多分、これが最後でしょう。

✍それが

ルクセンブルグです。正式にはルクセンブルグ大公国。その古い街並みと要塞群が1994年に世界遺産に登録されています。選定の基準は、世界遺産基準の以下に合致したからとの事です。「人類の歴史上重要な時代を例証する、ある形式の建造物、建築物群、技術の集積、または景観の顕著な例。」この街、街の真ん中に深い谷があり、その谷にとても印象的な橋がかけられていますが、この辺りが世界遺産に登録されているエリアです。我々が訪問したのは秋真っ只中。街中が紅葉に彩られていてとても美しかったです。息を呑むほど。

この「自然と、自然に護られた要塞が素晴らしい」のでしょうね、見る人が見ると。

Photo

Ii

Iiii

✍でも、可愛い

この街は会社の同僚が勤務していた事がきっかけで訪れた街でしたが、この街に着くと、お茶目なその先輩は、車で小さな建物の前に連れていってくれました。4階建てぐらいの小さな建物。

Photo_2

「これ何だと思う?」との質問・・・答えは「これは外務省」。「これは?」・・・「これは国会議事堂」と言う訳で、独立国とは言いながら、小さな国なので建物もとてもこじんまりしていて、国会議事堂というよりは、どこかの区役所みたいな感じでしたね。なんとも不思議な感じでした。

« 2012年No1. 謹賀新年 | トップページ | 2012年No.3 写真で綴るアジア旅行1-タイ1 »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

王宮もとても控えめだったのを記憶しています。しかも玄関の真ん前まで行けました。普段は王族の方々はこちらにはいらっしゃらないようですが。

Hunaudieres-san

そうですよね。王様はとても「庶民的ないい人」だそうですね。

国も小さいから、王様っていうより「町内会長」みたいな感じですもんね。

でも秋のルクセンブルグの景色は秀逸です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/43684156

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年No.2:世界遺産No.70:ルクセンブルグ大公国:

« 2012年No1. 謹賀新年 | トップページ | 2012年No.3 写真で綴るアジア旅行1-タイ1 »