無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2012年No.2:世界遺産No.70:ルクセンブルグ大公国 | トップページ | 2012年No.4 Como (Italy) »

2012年1月21日 (土)

2012年No.3 写真で綴るアジア旅行1-タイ1

2012No.3 写真で綴るアジア旅行1-タイ1

✍最近:

最近アジア出張が多い事・・ネタ切れが近い事・・そうはいっても記録に残したい写真が多い事・・これら条件が重なって「写真で綴るアジア旅行シリーズ」を始めます。

✍バンコック:

過去、世界遺産縛りで「アユタヤ」をご紹介しましたが、驚いた事に仏教文化の「宝箱」であるバンコックには世界遺産がないので、ご紹介の機会を逃していました。最後に「華々しく」ご紹介したいと思います。

✍ワット・アルン:

地球の歩き方の記載によれば「トンプリー王朝のタークシン王がエメラルド仏を祀る王室寺院とするよう命じた」ことで有名な寺院。Bangkokwat_arun3_3

チャオプラヤー川からみえるこの大仏塔は、三島由紀夫の「暁の寺」の題材ともなっているそうです。川と一体化している感じ・・・いいですね。

Bangkokwat_arun1_3

✍ところで

「チャオプラヤー川から見える・・・」にちょっと拘ってみたいです。そう、川から見るとこんな感じですが、その川というのがなんとも面白く、御覧のように水面には不思議な植物が浮遊しております。ズームアップするとこんな感じ。こんな浮遊物に包まれながら観光船で川下りをする感じがいかにも「タイ」です。

Bangkok_2

✍戻ってワット・アルン

この塔には御覧のような彫刻でキンキラキンに飾られています、これがまたタイ。

Bangkokwat_arun2

✍キンキラキン特集

欧州でキンキラキンTop3を過去にご紹介したことがあったけど、アジアのキンキラキンは次回No.2でご紹介します。

« 2012年No.2:世界遺産No.70:ルクセンブルグ大公国 | トップページ | 2012年No.4 Como (Italy) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。リヨンです。

今日はご来店いただきありがとうございました!
いつもありがとうございます。

僕もいつかヨーロッパやアジアの世界遺産を巡る旅をしたいですね。
ライライさんのブログを見るといつも思います!

リヨン 

リヨンさん

早速のご訪問有難うございます。

限りなく数少ない訪問者なので、これからも時々コメントください。
コメントのカウンターが増えていると、ラブレター貰った中学生みたいにドキドキしながらコメントを開けて読んでおります。
何卒宜しく御願いします。

その代わり、せっせとお店に友達つれて行きますので。(いつもつまみしか頼まずスミマセン)

是非欧州旅行に彼女を連れて行ってあげてください。レストラン・ホテルの予約承ります。


At NY JFK Airport I'm enjoying my Blog. Since I'm in business trip for a week, I cannot update my Blog for a while.
After I come back, I'll restart it again.

I'm looking forward to your comments on the articles.

こんにちは。
大変ご無沙汰しております。
以前ル・マンに無理やりlai-laiさんを連れて行ったHunaudieresです。
こちらドイツは、本当に寒いです。日中も氷点下です。天気はいいのですが、あまりに寒いので、つい家にとじこもってしまいます。タイは暑そうですね。

これから家で、熱々のりんごタルトを食べます。それではまた。

Bienvenue ようこそ。お帰りなさい。

コメント滅茶苦茶嬉しいっす。あの頃がなつかしいですが、まだあの夢のような欧州の世界に存在している貴兄が、本当に羨ましいです。

帰国して6年。大分Detailの記憶も怪しくなってきた今日この頃で、ブログで「記憶」を「記録」に残しておいてよかったと思っている今日この頃です。


そうですか? ドイツ寒いですか?
 
昨日NYから帰って来ましたが、NYは私の想像に反し思ったより温かく、助かりました。

一時帰国の際はご連絡ください。それと、このブログも何時まで続くか心元ないですが、是非、これからもコメントください。

コメント総数5年で519件。AKB48の人のブログなら数時間でたっせいしてまう位のコメント数ですので・・・。 

お待ちしておりますです。

こんにちは。

早速のご返事痛み入ります。本当になつかしいですねぇ。

ル・マンは小生のわがままで、かつ小生の自分の車に我が家族とともにlai-laiさんを乗せていってしまいました。意外に遠かったですが、5月末の初夏の日の中、青々とした畑がどこまでも広がる大地の中を、Autorouteをひたすら走りました。

ル・マンはちょうど24時間レースの準備が始まったところで、コースの一部となる公道にも、分厚いガードレールが張られていました。あのとき撮っていただいた写真が、今でも小生のPCの壁紙になっています。

そのうちぜひまた走りましょう。ル・マンの後は、一路南下してモナコのコースも。

Hunaudieres

Hunaudieres-san

そうでしたね。「栄光のルマン」・・一般道を走る部分があるなんて、全然知りませんでした。

あの旅は本当に楽しかったです。heart04

出張でロンドンは4回行きましたが、パリはまだです。是非家族と一緒にゆきたいです。

ちなみに息子は、一番行きたい外国はどこ?と聞くと、「小学校で修学旅行にいったドイツ」と答えます。

「あれ、フランスは?イギリスは?」と聞くと、「だってフランスもイギリスも外国じゃないもん」「行きたいんじゃなくて、帰りたいんだもん」とこたえました。

子供の感覚はそうなのでしょうね。Hunaudieresさんのお子様もいつか同じ事をいうのでしょうねぇ。

一緒にフランス・ドイツで旅行できたら最高ですね。

そんな夢を持ちながら、単純な毎日を頑張って生きてみます。happy01


ぜひ小生がドイツにいる間に一度おいでください。

定年になったら、一緒にフランス一周ドライブもいいですかね?やっぱりスタートは、パリでしょうか?時計回りで行くと、まずはシャンパーニュ、そしてロレーヌ・アルザスと回って、小生の第二の故郷のドイツ側に少しだけ入って、Baden-Badenで温泉につかる。

それからまたライン川を渡って、ブルゴーニュからAutoroute de Soleilに沿って、リヨン、オランジュ、アヴィニヨン、アルルと南下。そこから進路を南東にとって、マルセイユ、地中海沿いに進んで、イタリア国境のMentonまで。

そこから先のルートは、Lai-laiさんにバトンタッチしますので、カキコして頂けますか?

今日はここまでで。

Cordialement

Hunaudieres-san

バトン引き受けました。マントンからイタリアにいってもいいのですが、僕の「領土」ではないので、きびすを返してフランス国内を廻ります。

Hunaudiere-sanの「聖地」モナコを通ってニースから地中海沿いの街道を走ってアンティーブ、カンヌ。そして僕の大好きサントロペで一泊。

コート・ダ・ジュールで一泳ぎ(あ、夏の設定で)、そこから残念ながら行けなかったツーロン(平面のナポレオンが飾られている筈)に立ち寄り、マルセイユへ。そして、「プロヴァンスの12ヶ月」で有名になったエクサン・プロバンスからアルルへ・・・。

オランジュでローマ時代の古代劇場に飾られたアウグストゥス帝の完璧な銅像に2000年前を偲んでもよし、ニーム経由で世界遺産のカルカッソンヌへ向ってもよし・・・・。

あ、因みにこれらの街は全部、このブログで紹介されています・・・・ゴメンナイ、「番宣」です。

続きはまた次回。フゥー。

こんばんはリヨンです!
今夜もご来店ありがとうございました!

いつ見てもライライさんのブログは癒されますね!
応援してるのでブログがんばってくださいね!

第2回異業種交流会も楽しみにしています!

またリヨンでお待ちしてまーす!

リヨン

LaiLaiさん&リヨンさん
いつも美味しいワインを堪能させていただき有難うございます。
素敵なお店をご紹介いただき感謝してま~す!

おぉ、リヨンさん&Chingorinさん

よくぞ訪ねてくださいました。どうか「世界遺産」のコーナーは尋ねてみてください。チマチマと訪ねまくった世界遺産70件。

欧州の世界遺産の街並みの写真を眺めながら、美味しいワインのグラスを傾ける・・・というのは如何でしょう? 安上がりで欧州気分に浸れるのでは??

味音痴の僕が応援しても、あまり価値ないかもしれませんが、ソムリエ試験頑張ってくださいscissors


さてさてフランス一周ドライブの続きです。オランジュのアウグストゥス像は拝みました。当時「ローマ人の物語」を読んでいたので、感慨深かったです。

オランジュからニームはいいですね。カルカッソンヌへ行く前に、もう少し地中海沿いを走りませんか。

モンペリエ、ナルボンヌからそのままちょっとだけスペインのカダケスまで行ってもいいですか。ダリの美術館に寄りたいのです。屋根に卵を載せた奇妙な建物です。それからここは、笹倉鉄平の代表作「カダケス」でも知られています。ひなびた漁村のレストランでキーンと冷えたスペインの白ワインで魚介料理を堪能しましょう。(やっぱり夏がいいですね)

その翌日は、またフランスに戻って、ピレネー沿いに大西洋に向かって行きましょう。ここでバトンタッチします。

宜しくお願いしまーす。

Hunaudieres-san

スペインの訪問地の位置がよくわかりませんが、「ルルド」に戻りましょうかね。

「ルルド」はカトリックの聖地。泉から湧き出た水を呑むと病気が治る奇跡の地ですね。

「ポー」から「バイヨンヌ」へ。「バイヨンヌのハム」に舌鼓をうったら、一路北上してさぁ「ワインの聖地、ボルドー」へ。

ここでストップ。ワインの見ながら次の「記事のネタの写真」探そ。

カダケス Cadaquesの場所がわかりにくかったですね。

フランスのナルボンヌからペルピニヤンを経て高速でスペインのフィゲラス(Figueres)まで走り、そこから地中海に向けて国道を東に走ったところです。

ワインですか、私はちょっと季節はずれですが、今晩はBandolのロゼとムール貝(オランダの養殖)にします。

Hunaudiere-san

コメント遅くなりました。すみません。

過去のボルドーの記事を探していたので・・・。

このブログ、なんともう5年続いているので中々見つからず・・・別途ご連絡いたします。

続けます。


実際に僕の尋ねたルートでご紹介すると、ボルドーから、フォアグラで有名なペリグーを訪ね、それからラスコーで世界史で有名なラスコー洞窟のレプリカを尋ね、そこからリモージューに立ち寄ってリモージュー焼きを買い・・・・ここで小休止。如何???

Lai-lai様

小休止しましょう。ホテルのテラスでのんびり道中で撮った写真を見たり、ワインを飲んだり、はたまた買ったキッチュなお土産を見て、次の道程をあれこれ言いながら決めるのがいいですね。

せっかくのフランス一周ドライブ、急ぐことはありません。

そういえば近頃忙しいことを言い訳に、フランス語の勉強サボっています。いけませんね。かれこれ11年やっていますが、進歩は一進一退。夢は、プロヴァンスのレストランで、今日のお勧めをウェイターに訊きながら、注文すること。まだまだ道は遠いなぁ。

ではまた。

Hunaudieres-san

いえいえ、貴兄の向学心にはいつも頭が下がります。ドイツ語を母国語並みに操りつつ、フランス語も学ぼうとは・・・・。

さて車は、そこから気が変わったように大西洋に向かい、ラ・ロッシェルへ・・・・。「料理の鉄人」サカイさんのお店の元になった街。(ラ・ロッシェルは2010年6月に載せています)。

ここには☆つきのレストランもあり、夕日を眺めながらワインを傾ける・・・。ロマンですねぇ。


近頃、新鮮な魚介類を食べています。
ギリシャ人の経営する魚屋さんにあることはあるのですが、何せここは内陸・・・ 目が濁っています。
スーパーで売っている白身の魚は、骨が取られた真四角の塊。味気ないです。

ブルターニュやノルマンディーの新鮮な魚介類が食べたーい。おしょうゆで。

上のコメントを修正します。

(誤)近頃、新鮮な魚介類を食べています。
(正)近頃、新鮮な魚介類を食べていません。

失礼しました。

Hunaudiares-san

そうですよね。海辺の魚介類の新鮮さは、格別ですよね。

僕も、St-Lopezで食べたシーフード・スパゲッティの甘エビは忘れられません。略生なのに、臭みも全く無く、うまかったっす。

海辺で暮らしてみたいです。

ドイツはようやく最低気温が零度以上になってきました。しかし空は相変わらずどんより曇り時々小雨がぱらついています。

でも3月になって大分日が長くなってきました。もうすぐ春です。

地中海の青い海が見たい!
プロヴァンスの射すのような陽の光を浴びたいです。サントロペの甘エビ、今度試してみよう。

Hunaudieres-san

日本もすこしずつあったかくなってきましたよ。
今日はマフラーなしで歩き回っていました。

帰国したら、盛大に歓迎しますね。

欧州の話が遠慮なく出来る人って、大歓迎です。
これからも、コメント御願いしますですです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/43822889

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年No.3 写真で綴るアジア旅行1-タイ1:

« 2012年No.2:世界遺産No.70:ルクセンブルグ大公国 | トップページ | 2012年No.4 Como (Italy) »