無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2012年No.6:写真で綴るアジア旅行2-タイ(その2:キンキラキン特集2) | トップページ | 2012年No.8 Fecamp(フェカン) »

2012年3月25日 (日)

2012年No.7 世界遺産No.71Bern(ベルン:スイス)

2012No.7 世界遺産No.71Bern(ベルン:スイス)

✍遭遇:

昨日、家の近くの散髪屋に行きました。僕が世界遺産訪問大好きオヤジである事を知っているスタイリストさんが「世界遺産」関係の本を持ってきてくれました。何気なくパラパラと頁を捲っていて、ある頁で手が止まったのです。スイスのベルン旧市街・・・こ、ここって世界遺産だった訳?

「ある。絶対にある、ここ行った事!!!」・・・「あ、あったぁぁぁ!!!」で、今僕の右横には「発掘」された当時のアルバムがあります。Bern1

Zermattを訪ねた時にツアーで立ち寄った街がベルン。写真にはZeitglockenturm(12世紀からある時計塔です。」)とアルバムにはコメントがついています。かくしてベルンは僕の「71番目の世界遺産訪問地」とユネスコから認定されたのです。(ユネスコは嘘です)

Bern3

✍改めてWiki

Wikiによれば:『ベルンは1191年、ツェーリンゲン家のベルトルト5世によって作られた。当時は神聖ローマ帝国の一部であった。1218年にベルトルトが跡取りなしに亡くなった後は、神聖ローマ皇帝フレデリック2世によって、帝国自由都市となった。 1353年に、ベルンはスイス連邦に加盟した。幾度の征服を重ねて、領土を広げたが、フランス革命が起こると、1798年にフランス軍に占領され、ほとんどの領域を失った。 1848年にスイスの首都となった。 13世紀から自由都市となりさらに発展していった美しい旧市街は、1983年にユネスコの世界文化遺産に登録された。大聖堂や13世紀の城門につくられた時計塔、彫像が美しい泉(水飲み場)が点在する町並みを残す一方、スイス連邦の首都として便利な近代都市の機能も兼ね備えている。』

✍それでは:

まずは全景。Bern2
遠くからみたベルン市街地。遠くに聳える時計台。森に囲まれた綺麗な町ですね。街並みの色も茶色一色、緑とのコントラストが素晴らしい。

✍ベルンは:

実はレマン湖湖岸の町です。つまり、暫く経ってから訪れたEvianから見たレマン湖を反対側(スイス側)から眺めたのがこの景色です。染み入るような自然の美しさが忘れられません。

Bern4

« 2012年No.6:写真で綴るアジア旅行2-タイ(その2:キンキラキン特集2) | トップページ | 2012年No.8 Fecamp(フェカン) »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/44632432

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年No.7 世界遺産No.71Bern(ベルン:スイス):

« 2012年No.6:写真で綴るアジア旅行2-タイ(その2:キンキラキン特集2) | トップページ | 2012年No.8 Fecamp(フェカン) »