無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2012年No.15_写真で綴るアジア旅行5-シンガポール | トップページ | 2012年No.17_世界遺産No.75-囚人遺跡群-No.2(コッカトゥー島) »

2012年7月 3日 (火)

2012年No.16_世界遺産No.75-囚人遺跡群-No.1(ハイドパークバラックス)

2012No.16_世界遺産No.75-囚人遺跡群-No.1(ハイドパークバラックス)

✍理屈っぽく

ちょくちょくやっていますが、「世界遺産とは何ぞや?」囚人遺跡群を訪ねてみて改めて定義を読み返しちゃいました。

Wikipediaでの定義】

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と、直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。

  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには、生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において、進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。

  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

囚人群はどれに当て嵌まると思われますか?

Wikipediaによれば(4)(6)に該当したとの事です。 まぁ、こういう観点から世界遺産が選ばれるので、時に遺産としての価値は大きいけど、観光地としては?????というケースがありますよね。今回は、正にこれに該当するようです。まぁ、御覧下さいませ。

✍地球のHow to walk

19世紀のはじめ、増加する流刑者に対応し、造られた施設。600人の囚人が、ここで寝泊りしながら日中、様々な労役場所に借りだされた・・・当時の様子を再現したハンモックの寝室など・・も閲覧可能。」との事。

✍外観

・御覧の通り。知らなければ素通りしてしまうほど小さな建物。3階建てだったと思います。

Photo

この建物の中には、当時の囚人の生活が分るように「ハンモック」の寝室が展示されていました。20個ぐらいぶらさがってました。それから、生活が分るような食器や囚人が使った作業具などが飾られていました。御覧下さい。2012sydney_024

Photo_2

遠くイギリスから当地に運ばれた囚人は、圧倒的な不安の中でこの建物で暮らしていたのでしょうね。Photo_3

とその生活の大変さは垣間見る事が出来ました・・・が、映像的にはとても地味ですよね。

でも、「(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。」という事でとても意味あり。という事になる訳です。

地味ですが、もう一回付き合ってくださいませ。

« 2012年No.15_写真で綴るアジア旅行5-シンガポール | トップページ | 2012年No.17_世界遺産No.75-囚人遺跡群-No.2(コッカトゥー島) »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

( ´_ゝ`) へ~?これ本当に世界遺産だったんだ~!!また勉強になりました!!!

Chingorin-san

このメールをお読みになる頃は、出張から戻られた後でしょうか。
一応、「お疲れ様」と言っておきます。

はい、囚人遺産群は4箇所ほどあって、今回2ヶ所行きましたです。

次にご紹介するのも、囚人遺産です。確かに意味深い遺産ではありますが。

当面、海外でご紹介できる遺産はこれが最後、また蓄えねばcoldsweats01


珍しい世界遺産ですね。シドニーは出張で行かれたのですか?オーストラリアは一度行ってみたいと思っていますが、ドイツからだと丁度地球の裏側なんで遠いです。

お、Hunaudieres-san

涼しい欧州からのメール、羨ましいです。今、灼熱の日本で、ランニング一丁で、オリンピック見ながらお返事書いてます。

はい、出張です。「シドニーに出張で行けたら会社辞めてもいい」と言っていたら、本当に出張で行けてしまったので、退職も目の前かも。
もう同期も略、退職してしまい、なんとなく落ち着かない日々を送っております。またコメントくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/46149439

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年No.16_世界遺産No.75-囚人遺跡群-No.1(ハイドパークバラックス):

« 2012年No.15_写真で綴るアジア旅行5-シンガポール | トップページ | 2012年No.17_世界遺産No.75-囚人遺跡群-No.2(コッカトゥー島) »