無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月24日 (土)

2012年No.21 飛び込み記事(NY悲惨物語)

2012No.21 飛び込み記事(NY悲惨物語)

NY着:1028日(日)

知ってはいたんです。「家内がアメリカに台風来るみたいよ?大丈夫?」と言っていたので。でもNY着いて、普通にタクシー乗ってホテル着。NJHarbor sideにあるCandlewoodという長期滞在型のホテル。電子レンジ、食洗機、調理器具全てついているご機嫌の環境です。

テレビで台風情報でも見るか?とCNNを着けると、台風のルートが画面に出ていてその行き先が、僕の棲んでいるNJ。つまり台風の目的地に到着しちゃった訳です。でも風も無く普通の状況。本当に台風来るのかなぁ。

28日(日)

日曜日の深夜ぐらいから、凄い事になりました。建物が震えるような風。ホテルの部屋は8

F

なので浸水の心配はなかったけれど、朝目覚めて窓から眼下を見ると、ホテルはまるで湖の中

立っている様な状態。

29日(月)~30日(火

)

この日からNYのユーザーと協議する筈でした。でもマンハッタンからの地下鉄が冠水して、ハドソン川のトンネルも通行止め。要するに誰もオフィスに来れない訳で、協議の結果、月・火の二日はホテル待機。「まぁ、いいか風邪気味だし、時差ぼけもあるから少しゆっくり・・・台風情報でも見て」CNNを着けると画面に「Complete loss of Signal」の表示。つまり台風でアンテナやられたらしく、結局4日間テレビ見れず。台風のど真ん中で、台風が未だいるのか?去ったのかも分らない状態でした。ホテルの館内アナウンスでは、「現在当ホテルは外出禁止です。停電に備えてエレベーターのご利用をお控えください」つまり軟禁状態です。

それでも人は腹が減ります。外出が出来ないし、空いているレストランもある訳ないし・・・2日間で「朝・昼・晩」の食事をしたので、持参した「レトルトカレー2つと味噌汁・佐藤のご飯」はこの2日間で消費してしまいました。出勤出来ない中、会社の人と漸く連絡が取れると、「仕事は出来ないから、まず食料を確保してください」とのアドバイス。

嵐が落ち着いたので、恐る恐るエレベーターで受付迄行って、冷凍食品コーナーから、「冷凍メンチカツセット」みたいなのを3つほど買ってきたのですが、結局これがそれから2日間の朝御飯・晩御飯となったのです。(嵐の後のマンハッタンです)

Nj_2

31日(水)

仕事を始めて数日。2ブロック歩いて馴染みの食材屋にゆくと、店の周りに立入り禁止のテープ。よって食材を買うことないまま戻ってまた溜め込んだ冷凍食品を食べる・・・そんな毎日でした。この頃になると冷凍食品コーナーもすっからかんとなったので、危険を感じで会社の同僚から、パスタとソーセージを貰い篭城に備えました。

111日(木)

お店が開きました。買ってきたアメリカン・ビーフで自分で作ったステーキがこれ。久しぶりのまともな晩御飯・。・美味かったなぁ。

Photo

112日(金)

金曜日の夜。会社の人に聞いて路面電車2駅分歩いて漸く開いたレストランで、初めての外食・・インド料理のバイキングです。こんなどうでもいいものをアップする事自体が、南京生活の凄まじさを物語ってませんか?・・・バイキングの盛り付けは穢いですが、味は良かったです。

Photo_2

➣そして大統領選挙

そんな訳で滞在が一週間延びたお陰で、アメリカ大統領選挙をNJで目撃する事となってしまったのです。これはCNNの映像ですが。。。本当に盛りだくさんの滞在でしたね。

Photo_3

➣そして吹雪

滞在の最後は吹雪が飾ってくれました。御覧のような雪景色。

Photo_5

1日降るのが遅かったら、帰国の飛行機もキャンセルになっていたかもしれません。恐ろしや。

いやはや凄まじい経験でした。

帰国の日のマンハッタンは綺麗でした。

Nyk

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »