無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2012年No.22:世界遺産76 (インド世界遺産No.1:ラール・キラー) | トップページ | 2012年No.24:写真で綴るアジア旅行No.6-香港 »

2012年12月21日 (金)

2012年No.23:世界遺産77 (インド世界遺産No.2:フマユーン廟)

2012No.23:世界遺産77 (インド世界遺産No.2:フマユーン廟

)

✍エコ

日本はエコばやり。エコカー・エコバック・最近は、会社の会議室にデリバリーを頼んでそこで宴会やる「エコ宴会」も流行っているとテレビでやっていました。

で、このフマユーン廟、これも相当大きい王様のお墓ですが、タージマハール廟に比べると普通のサイズです。まさに「エコ廟」。

Photo_2

✍ムガールの香り

このフマユーン廟、タージマハールのモデルとなったお墓という意味でも意味あるのですが、

ムガール帝国第二代皇帝フマユーンのお墓でお妃が1565年に建造したもので、タージマハールに比べれば、小ぶりながら、インド・イスラーム建築の傑作といわれており堂々の世界遺産です。

3

✍まずは御覧下さい。

丸いドームを中央に乗せるこのシンメトリックの建物は確かにタージ・マハールを彷彿とさせます。

見上げるとこんな感じです。小さいとはいえ、凄い威圧感があります。

5

建物の中央には、棺がありますが、地球の歩き方によれば、棺は空で、遺体はその下に眠っているとのことです。これ以外は特に何もありませんでした。内装は白壁で思いのほか明るい感じでした。

2

あまりにも左右対称だったので、間違えて反対側に出てしまい、それ気づかず門まで来ると鍵がかかっていて、「あ、出られない」とかなり焦りました。

インドには、このムガールの香りが溢れていましたよ。池に映る姿が息を呑む美しいです。

Photo_3

« 2012年No.22:世界遺産76 (インド世界遺産No.1:ラール・キラー) | トップページ | 2012年No.24:写真で綴るアジア旅行No.6-香港 »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/48415059

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年No.23:世界遺産77 (インド世界遺産No.2:フマユーン廟):

« 2012年No.22:世界遺産76 (インド世界遺産No.1:ラール・キラー) | トップページ | 2012年No.24:写真で綴るアジア旅行No.6-香港 »