無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2012年No.23:世界遺産77 (インド世界遺産No.2:フマユーン廟) | トップページ | 2013年No.1:インド門&バハーイー寺院(謹賀新年) »

2012年12月30日 (日)

2012年No.24:写真で綴るアジア旅行No.6-香港

2012No.24:写真で綴るアジア旅行No.6-香港

✍引延し工作

インド出張では世界遺産4Get!したのですが、それを全部載せてしまうと、後が続かないので、ここで引延し工作します。それがこの香港の写真掲載。今年9月に息子と行った香港旅行のちっと面白い写真を載せますね。

✍先ずはお決まり

ビクトリアピークからの夜景、これは載せとかないと・・2度目ですが。少しガスッてましたが、まぁ見えますよね。ガイドさんは「ここは100万ドルの夜景と言われますが、今日はすこし曇っているので、80万ドル位っすかねぇ?」といっていました。この場所でプロの写真屋さんに記念写真撮っておいて貰えばよかったとちょっとケチを後悔してます。

Photo_2

Repulse Bay 

香港島南に位置するRepulse Bayに来ています。漢字では浅水湾と書きます(中国語の字は異なりますが)。私は全然知りませんが、「慕情」という映画の舞台になった場所だそうです。御覧のように素敵な海岸です。

Photo_3

✍鎮海楼公園

何か色んな縁起物の神様が祭られています。10mの天后像と観音像が対をなして聳えているのです。全体はこんな感じ。この向かいには延々と海岸線が繋がっています。

2_2

観音様です

Photo_4

Photo_5

✍オマケ

香港は風水が盛んなのはご存知の通り。で、このビルの登場です。ビルに穴開いているのは、ここは風水の「気」が通る為に穴を開けたということです。流石、風水です。

Photo_6

« 2012年No.23:世界遺産77 (インド世界遺産No.2:フマユーン廟) | トップページ | 2013年No.1:インド門&バハーイー寺院(謹賀新年) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/48533813

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年No.24:写真で綴るアジア旅行No.6-香港:

« 2012年No.23:世界遺産77 (インド世界遺産No.2:フマユーン廟) | トップページ | 2013年No.1:インド門&バハーイー寺院(謹賀新年) »