無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2013年No.1:インド門&バハーイー寺院(謹賀新年) | トップページ | 2013年No.3 写真で綴るアジア旅行7-シンガポール »

2013年1月18日 (金)

2013年No.2 世界遺産No78(インド世界遺産No.3:Qutub Minar)

2013No.2 世界遺産No78(インド世界遺産No.3:Qutub Minar

期待

会社の同僚がこのブログに来てくれるみたいなので、気合入れて記事書きます。

✍功罪

そんな訳で今回のニューデリーの観光ツアーは5箇所3つの場所を回ってくれたんですけど、その結果として、一番期待していた「ここ」にたどり着いた時は夜でした。こことは、Qutub Minar・・・世界遺産です。

Qutub Minar(クトゥブ・ミナール)

Qutub_minar1

ニューデリー南15kmにあるモスクの尖塔で、これはインド最初のイスラーム王朝である奴隷王朝(1206年~90)がヒンドゥー教徒への勝利を記念して立てた塔だそうです。古今東西、戦いに勝つと人は塔を建てるのですねえ。この塔、高さ72.5m、下3層は赤砂岩、上の2層は大理石と砂岩で出来ているそうです。まぁそういう事で世界遺産だそうです。暗くてよく分らないかな?

Qutub_minar3

Qutub_minar4

それよりもこの近くに「高さ7mの純度100%近い鉄柱があって、34世紀に建てられたものでいまだ錆びていない」という都市伝説のような鉄柱があるとの事で、それを見たかったのですが・・・御覧のように日没・コールド試合で、結局、闇の中にぬーと伸びた鉄塔を見ただけで終ってしまいました。

映像的には今一でしたが・・スンマセン。この次の世界遺産にご期待ください。

Qtab_minar_2

« 2013年No.1:インド門&バハーイー寺院(謹賀新年) | トップページ | 2013年No.3 写真で綴るアジア旅行7-シンガポール »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

高校では日本史を選択したので、そういえばインド歴史のことは全くと言っていいほど知りません。 日本には三国志や項羽と劉邦のような中国史を扱う本は多いけど、インドの物語ってあんまり見たことがないような・・・ もうちょっと勉強しないと、と思いました。

Hunaudieres-san
お返事遅れました。そうですね、インドといえばヒンドゥー教、ということしか知りませんでした。

ムガール帝国という単語は世界史では知っていましたが、それがイスラム教社会を構築していたのは気がつきませんでした。

いや~、色々と面白かったですよ、インド。暫くはもういいですけど。

BRICSに含まれる高い成長力と、貧しい人たちが同じ街に混在しているような不思議な街でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/48823089

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年No.2 世界遺産No78(インド世界遺産No.3:Qutub Minar):

« 2013年No.1:インド門&バハーイー寺院(謹賀新年) | トップページ | 2013年No.3 写真で綴るアジア旅行7-シンガポール »